product product_sub
弊社イチオシ! リサイクルする微粉砕減容する砕く

MSローラミル

 

MS ROLLER MILL

MSローラミルは乾式微粉砕機として広く使用されています。

本装置は、粉砕、分級、空気輸送を併用したもので、かつ熱風発生装置を付ける事により、粉砕、乾燥を同時に行う事ができます。

各機種共、ハイサイド型、ローサイド型があり、粉砕粒度、能力に応じて各種原料の粉砕に使用可能です。

給鉱機よりミル本体に送られる原料はプラウにより掻き上げられ、懸垂されて回転しているローラと、ミル内壁に固定されているブルリングの間で粉砕され、ミル下部よりの風に乗って吹き上げられます。ハイサイド型分級機は内部の羽根の回転数の調整により、一定の希望粒度の微粉を生産する事ができます。又ローサイド型の場合は一般に粗粉生産の粉砕用として使用されます。


 

 

 

特長

  1. ハイサイド型MSローラミルは150μm 80%~30μm 99%通過程度迄の広い範囲の微粉砕に適用可能です。
  2. 熱風装置を付加する事により付着水分5~10%位の原料の乾燥と同時に粉砕することが出来るためドライヤが不要となります。
  3. 装置内部は全て負圧で運転しますので粉塵の発生は一切有りません。

用途

  1. 石灰石、消石灰、生石灰、石膏、ドロマイト、タルク、カオリン、クレー、ベントナイト、酸性白土、ゼオライト、バライト、イオウ、黒煙、活性炭、ピッチコークス、二酸化チタン、ガラス屑、珪砂、粘土、その他あらゆる鉱産物の粉砕が可能です。
  2. その他特殊用途としてアルミ、亜鉛、銅、真鍮等の金属溶解スラグの再生処理工程に使用して、金属分と灰分の粉砕分離回収等に使用されています。

 

 

 

ご照会

MSローラミルのご照会には、下記の事項をご連絡ください。
  1. 処理原料

    原料名・見掛比重・水分・付着性・摩耗性・温度

  2. 原料のサイズ

    平均粒度・最大粒径・粒度分布

  3. 製品の粒度
  4. 処理能力

    1時間あたりの処理量又は製品量・1日の稼動時間

  5. 電源

    電圧・周波数

  6. 前後のフローシート