product product_sub
分ける空気分級

TMS型エアセパレータ

TMS type AIR SEPARATOR

TMS型エアセパレータ(Two motor type エアセパレータ)は、主としてセメント、珪砂、消石灰、粘土などの分級に使用されている乾式分級機です。循環旋回気流を利用して効率的に分粒・分級し、遠心力の利用で多量の処理が可能であります。

また、2台のモータで主翼と補助翼を別々に駆動するので、運転中に製品粒度の調節が容易にできます。

外筒ケーシングと内筒ケーシングの二重ケーシングに、同心回転する中空軸と中心軸に取付けております。

主翼は中空軸に、補助翼と分散盤は中心軸を取付けて、それぞれ別のモータで回転します。主翼の回転による循環気流は、内筒ケーシング内で上昇気流となります。原料はエアスライドなどによって直接分散盤上にフィードされ、遠心力で分散されます。微粉部分は、循環気流に乗って外筒ケーシングに沿って下方に運ばれ、微粉出口から排出されます。

粗粉は、内筒ケーシング内を気流で洗われながら沈降し、粗粉出口から排出されます。TMS型エアセパレータはこのように主翼と補助翼が別々のモータで回転し、補助翼側には可変速モータを取付け、補助翼の回転数の調整で操業中に製品粒度が調整できます。


特長

  1. エアセパレータは、分級気流を内蔵の主翼で起こすので、外部に送風機は不要です。
  2. 微粉の捕集用のサイクロンやバックフィルタも不要です。
  3. 製品粒度の調整を運転中に行えます。
  4. 分級点は20μm~250μmの範囲で設定できます。
  5. 処理量を大きく取れます。(投入量最大250t/h)

用途

  1. セメント、石灰石、消石灰、生石灰、珪砂、石炭、粘土等の分級に使用。
  2. 植物繊維等特殊な材料にも使用されます。

ご照会

TMS型エアセパレータのご照会には下記の事項をご連絡ください。
  1. 処理原料

    原料名・投入量t/h・温度・粒度分布・真比重・嵩比重・水分(普通一般的に1%以下)

  2. 成品

    分級点(μm又はブレーン)・許容粗混入率%・成品出口に於ける御希望温度

  3. 電源

    電圧・周波数

  4. その他

    組合せ粉砕機の種類、大きさ、空冷ダクトop.の必要有無