product product_sub
分ける空気分級

SAS型エアセパレータ

SAS type AIR SEPARATOR

SAS型エアセパレータ(Side charge type エアセパレータ)は、主としてセメント、珪砂、消石灰、粘土などの分級に使用されている乾式分級機です。循環旋回気流を利用して効率的に分散、遠心力の利用で多量の処理が可能であります。

外筒ケージングと内筒ケージングの二重ケージングの中心で、縦軸に取付けられた主翼、補助翼、分散盤がゆっくりと回転します。主翼の回転による循環気流は、内筒ケージング 内で上昇気流となります。原料は上投入口から投入され、固定ホッパにより分散盤中央上にフィードされ、遠心力で分散されます。微粉部分は、循環気流に乗って外筒側に出て、 外筒ケージングに沿って下方に運ばれ微粉出口から排出されます。粗粉部分は、内筒ケー シング内壁に沿って落下し、コーンケーシングを経て、粗粉出口から排出されます。分級点は、補助翼の枚数、バルブプレートの開閉によって調整し目的の粒度を得ること出来ます。


特長

  1. エアセパレータは、分級気流を内蔵の主翼で起こすので、外部に送風機は不要です。
  2. 微粉の捕集用のサイクロンやバグフィルタも不要です。
  3. 製品粒度は、機械を止めて調整しますが、細かい調整が可能です。
  4. 分級点は30μm~250μmの範囲で設定できます。
  5. 処理量を大きく取れます。(投入量最大1000t/h)

用途

  1. セメント、石灰石、消石灰、生石灰、珪砂、石炭、粘土、カーバイト等に使用。
  2. 植物繊維等特殊な材料にも使用されます。

ご照会

SAS型エアセパレータのご照会には下記の事項をご連絡ください。
  1. 処理原料

    原料名・投入量t/h・温度・粒度分布・真比重・嵩比重・水分(普通一般的に1%以下)

  2. 製品

    分級点(μm又はブレーン)・許容粗混入率%・成品出口に於ける御希望温度

  3. 電源

    電圧・周波数

  4. その他

    組合せ粉砕機の種類、大きさ、空冷ダクトop.の必要有無