product product_sub
切り粉切る施削屑

チップクラッシャ

 

CHIP CRUSHER

工作機械の切削能力向上に伴い多数の工作機械から排出される切屑はかさばり取扱上危険で、その処理には多くの人手と時間を要し、極めて困難な問題となっています。当社のチップクラッシャは多量の切屑を取扱いが簡単な約5cm以下の細片に短時間で細断する旋削屑破砕機です。従って切屑のボリュームは、およそ1/3~1/5となり保管スペース、輸送コストの無駄を大幅に低減することができます。

また、コンベヤ、遠心分離機等と組合せて使用すれば多数の工作機械より出る切屑の細断、運搬、切屑油の分離回収をすべて自動的に集中処理することが可能となり管理向上、省力化に大きく役立ちます。切屑に付着したオイルは無視できません。その分離回収、再使用は経費削減、公害防止に大きく貢献します。

トップフレーム、回転刃取付台は低マンガン鋳鋼鉄、下部フレーム・伝動部ベベルギヤは鋳鉄製、ベベルピニオンは硬鋼製(CB-18型・CB-26型はウォーム減速機を使用)。軸類は炭素鋼、ベッド・ホッパは鋼板溶接構造で切屑破砕作業に対し各部とも充分の強度を有しています。 回転刃・固定刃は特殊鋼製で、固定刃はトップフレーム内面に渦巻螺旋状の一部として取付けられ、これに対応した3枚の回転刃は中心竪軸に固定された回転刃取付台に取付けられ、固定刃に接して回転する構造となっています。回転刃・固定刃ともボルトで取付けられていますから取替えは容易に行えます。投入された切屑は捻子作用により順次中央部に引き込まれると同時に固定刃と回転刃の間の剪断力により細かく切断され、さらに垂直回転刃の隙間より所定の大きさとなり、下部排出シュートから排出されます。


特長

1.簡単な操作
運転操作は、すべて押しボタンスイッチにより行いますので操作はいたって簡単です。
2.静かな運転
低速回転式のクラッシャですから騒音、振動の心配は全くありません。
3.安易な保守・点検
回転刃・固定刃等の部品交換は、トップフレームを開いて簡単に行うことができます。
また各回転部の潤滑はオイルポンプにより自動給油しますので、保守には、殆ど手間がかかりません。
4.安全な設計
投入量が多過ぎたり、誤って細断不可能な異物が混入して過負荷になった場合、自動的に一時停止し、主軸が逆転した後正転にもどる機構を備えているのでカッターの損傷を防ぎます。
5.高い経済性
長時間の連続運転が可能で、しかも切屑の前処理、後処理が不要ですから非常に経済的です。

用途

電気炉等設備工場、各種機械背増工場、鋳鋼工場、製鉄・製鋼所及び切屑スクラップ回収業、また倉庫等に保管される場合にも容積と経済性と取扱いの上から本機のご使用をおすすめします。 当社では、本仕様以外にもコンベヤ、遠心分離機等の組合せによる自動集中処理システムなどのご相談に応じております。


ご照会

チップクラッシャのご照会には、下記の事項をご連絡ください。
  1. 切り粉の材質・最大寸法・形状
  2. 破砕後の寸法
  3. 処理量

    1時間あたりの処理量・1日の稼動時間数

  4. 電源

    電圧・周波数

  5. 前後のフローシート