株式会社増野製作所

株式会社増野製作所

SAS型エアセパレータ
アイコン

お問い合わせ

SAS型エアセパレータ

概要

SAS型エアセパレータ(Side charge type エアセパレータ)は、主にセメント、珪砂、消石灰、粘土などの分級に使用されている乾式分級機です。遠心力と循環旋回気流を利用して分級します。

目的

  • リサイクルする
  • 微粉砕
  • 砕く
  • 減容する

構造

  • 外筒ケーシングと内筒ケーシングの二重ケーシングの中心で、縦軸に取付けられた主翼、補助翼、分散盤が回転します。主翼の回転による循環気流は、内筒ケーシング内で上昇気流となります。原料は上投入口から投入され、固定ホッパにより分散盤中央上にフィードされ、遠心力で分散されます。微粉部分は、循環気流に乗って外筒側に出て、外筒ケーシングに沿って下方に運ばれ微粉出口から排出されます。粗粉部分は、内筒ケーシング内壁に沿って落下し、コーンケーシングを経て、粗粉出口から排出されます。分級点は、主翼回転数の変更、補助翼の枚数、バルブプレートの開閉によって調整可能です。

特長

  • エアセパレータは、分級気流を内蔵の主翼で起こすので、外部に送風機は不要です。
  • 微粉の捕集用のサイクロンやバグフィルタが不要です。
  • 製品粒度は細かい調整が可能です。
  • 分級点は、30μm〜250μmの範囲で設定できます。
  • 処理量を大きくとれます。(投入量最大1000t/h)

用途

  • セメント、石灰石、消石灰、生石灰、珪砂、石炭、粘土、カーバイト等に使用できます。
  • 植物繊維など特殊な材料に使用できます。

主仕様

型式 電動機
出力 kW
概略機械 重量 kg 概略能力
セメントの場合 t/h
寸法
D E H
SAS-3 3.7〜2.2 900 2〜0.1 910 1220 1910
SAS-4 1/2 7.5〜3.7 1600 8〜0.5 1350 1660 2320
SAS-6 11〜5.5 3500 20〜2 1800 2250 3560
SAS-8 22〜15 6200 40〜6 2440 3000 4800
SAS-10 30〜20 9600 60〜20 3050 3600 5750
SAS-12 37〜30 11500 85〜30 3660 4250 6400
SAS-14 75〜55 14500 140〜50 4270 4950 7280
SAS-16 110〜90 18500 200〜80 4880 5510 8200
SAS-18 190〜150 32500 300〜100 5500 6240 9400
SAS-20 350〜260 49000 450〜200 6100 7100 10800
SAS-22 450〜375 58500 650〜250 6700 7800 13100
SAS-24 600〜 68000 1000〜300 7300 8600 *

注:概略能力は投入処理能力を示している。

  • SAS型エアセパレータ
  • SAS型エアセパレータ
  • SAS型エアセパレータ
  • SAS型エアセパレータ

お客様のご要望に応じた材料の加工や、部品の注文なども承っております。
まずはお気軽にお問い合わせくださいませ。